肺がん患者は男性が多く、女性の占める割合は少ないです。
そのため、肺がんに関しては女性だけの患者会というのは珍しいかと思います。
特に女性は結婚や出産、子育て、介護、働き方など日々の生活で負担を背負いがちです。
また、偏見を恐れて罹患していることを隠したり、誰にも打ち明けられなかったりする方もいます。
多くの女性患者がさまざまな不安を抱えているでしょう。
ご家族も含めて同性でしかわかり合えない悩みや不安、
同性だからこそ共感できる夢や希望を語り合いませんか。

皆様にとって心の休まる場所となることを願っております。